/

黒色

  • 34ビュー

また笑えたなら 
また許せたなら
染められた僕は黒いんだ
きっと黒いんだ

そう見えたなら 
そう信じれたのに
微笑む君は優しいんだ
きっと優しいんだ

落ちてく僕はどこまで
腕を伸ばして掴んだものが
血まみれのロープなんて

時よ僕を救え 
夢よ僕を導け
君よ教えてくれ
僕はこれから
何をしなければならぬのか

また感じたから
また苦しいだけ
触れられた僕は黒いんだ
きっと黒いんだ

そう消えたなら
そう楽だったのに
素顔の君が憎いんだ
きっと憎いんだ

過ぎ行くときはいつまで
声を枯らして叫んだ言葉
穢れてたルールだから

時よ僕を救え 
夢よ僕を導け
君よ教えてくれ
僕はこれから
何をしなければならぬのか

20代の歌詞で二番は今日完成

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品