/

白き光

  • 46ビュー

研ぎ澄ませた感情を 遠い空に向けている
遥か彼方天空に 昇り立った魂に
白き光不条理に 失われた生命と
灰が積もる焼け野原 時が経った今もなお

おなじ過ち繰り返そうと
愚かな旗をかざす支配者

ほとばしる白き光が 灼熱の嵐を連れて
瞬間の連鎖反応 火の海が広がって行く

燃え上がった町を見て どんな気分だったんだ?
殺し合いに勝利して どんな気分だったんだ?
法の下の平和など 武器の前じゃ無力だと
磨き上げた弾丸が 得意顔でつぶやいた

癒えぬ哀しみこらえきれずに
また惨劇を見ろと言うのか

ほとばしる白き光は 救い無き神の裁きか
刻まれた歴史や夢も 跡形も無く消えて行く

ほとばしる白き光は 禁断のパンドラの箱
遺された希望も愛も 跡形も無く消えて行く
ほとばしる白き光が 灼熱の嵐を連れて
瞬間の連鎖反応 火の海に埋め尽くされる

世界はまたあの過ちを繰り返すつもりなのか……?

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品