/

「ゆずりは」2136 作詞 まほうびん

オリジナル
  • ポップス
  • コラボ
  • 31回 再生

ゆずりはの由来は 枝先に新芽が出た後、それに譲るように前の葉が落ちることに由来するそうです。
何と潔い。日本のご老体方々も後輩に後を譲って、自身は新たなことにチャレンジすればよいのになあと思ったりしました。
年金も少ないし、心もとないので仕事を続けざるを得ないと思いますが、自分が思っているほどあなたがいなくなってもいなくなっても、
困るようなことにはなりません。この詞の意味とはちょっとかけ離れましたが、そんなことを思いました。
最近暖かいですね。昨日は気温も20度にも上がり、春本番かと思わせます。梅が満開になって、河津桜も咲き始めました。
風も強かったですから春一番かもしれません。まだまだ寒い日もあるんでしょうが、一歩一歩春に近づいてくるんでしょうね。
散歩が楽しみです。
まほうびんさん ありがとうございました。ではどうぞ。

  • 作詞: まほうびん
  • 作曲: 島田良彦
  • 編曲: 島田良彦
  • ボーカル: 島田良彦
  • ミキシング: 島田良彦

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品