/

瀧廉太郎 組歌「四季」から「雪」

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 8回 再生

瀧廉太郎の組歌「四季」から「雪」です。
「雪」は「月」に続き重厚なハーモニーの混声四部合唱ですが、伴奏にピアノとオルガンを伴っているため、さらに宗教的な雰囲気を持った厳かな曲です。
この曲もEastWestの合唱音源「QL Symphonic Choirs」で作りました。

『雪』 作歌:中村秋香

一夜のほどに 野も山も
宮も藁家も おしなべて
白銀もてこそ 包まれにけれ
白珠もてこそ 飾られにけれ
まばゆき光や 麗しき景色や
あはれ神の仕業ぞ
神の仕業ぞ あやしき

  • 作詞: 中村秋香
  • 作曲: 瀧廉太郎
  • 編曲:

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品