/

パッヘルベルのノンカノン Pachelbel's Non-canon

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 33回 再生

このピアノ曲は10年ほど前のものですが、音質がかなり改善されたと評判のPianoteqの最新バージョン(Pianoteq 8)で演奏してみました。

曲は、パッヘルベルのカノンをピアノアレンジしたものです。

思えば、私が最初に購入したPianoteq 5 はひどいものでした。
電子ピアノの外部音源としてなら、遅延時間が短い物理音源の利点が活かせるので、練習用に使う分にはいいと思ったのですが。
でも、DTMのピアノ音源としては音質的にとても使えたものではなくて。

さて、肝心のピアノの音質ですが、Pianoteq 8 は特に低音域が良くなったと思います。
というより、5 がひどすぎた。
中高音域は、まだちょっとという感じもありますが、今後の改善に期待しています。

このアレンジについて簡単に説明します。
このアレンジは、アレンジとしてはちょっと毛色が違うかもしれません。

と言いますのは、パッヘルベルのカノンは、通奏低音の上で3つのバイオリンパートが追いかけっこする作品ですが、このアレンジではその第一バイオリンのパートを丸写しした上で、自由に音を重ねていく作り方をしたからです。

パッヘルベルのカノンは、通奏低音の奏する「do sol la mi fa do fa sol」(カノン進行というらしいです)が延々と続くことで、たいへん耳当たりのいい甘美な曲になっています。
でもこのアレンジでは、その甘美成分はイントロと最後にあるだけで、それもちゃっちゃっちゃっ、という感じでテンポも異常に速いし。
ですから、原作の甘美な雰囲気は皆無です。(笑)

カバー画像:
コラーゲン三重らせん
Molecule of the Month © David S. Goodsell and RCSB PDB licensed under CC-BY-4.0 International

パッヘルベルのカノンは、私には美しいコラーゲン分子に見えるので。

  • 作曲: Pachelbel
  • 編曲: 古い音楽帳

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品