/

子猫のパスピエ

オリジナル
  • クラシック
  • 32回 再生

この鍵盤曲は、子猫がくるくる回って遊ぶ様子をイメージして作りました。

タイトルにあるパスピエは、古典舞曲の名前から取りました。
古典舞曲のパスピエは3/8拍子ないしは6/8拍子の速い旋舞(回転舞踊)で、18世紀の作品ではアウフタクトやヘミオラがあるという報告もあるですが、この曲にはそれを取り入れているわけではありません。

6/8拍子の速い旋舞という点は共通ですが、単に言葉の響きが可愛いので使っただけなのでした=^_^=

参考資料:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A8
http://id.nii.ac.jp/1300/00001247/

使用音源:チェレスタ(pianoteq 8)

  • 作曲: 古い音楽帳

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品