/

Like Together / 伊豆田洋之

伊豆田洋之 カバー
  • Jポップ
  • コラボ
  • 63回 再生

結構前からカバーしたかった曲です。動画も観ていただけますとうれしいです。
https://youtu.be/dG_q8XZECmU

20代前半の頃につるんでいた伊豆田洋之くんが、2014年にデビュー30周年記念でリリースしたアルバム「Hello Your Smile」の2曲目に収録されていた「Like Together」。

僕自身、伊豆田くんのカバーはこれが3-4曲目ですし、僕の曲説明にも何度か書いているので僕と伊豆田くんとの関係についてご存じの方もいらっしゃるかと思います。
日本でポール・マッカートニー、エリック・カルメンを歌わせたら彼が一番・・・とプロたちから言われている、ある意味マニアックなシンガー・ソングライターです。
アメリカに留学する直前に通っていた英語学校から友だちになり、渡米してしばらくは同じ大学にいたので、大学内でのライブイベントや、彼のアパートで一緒に歌ったり、録音したりしていた古い友人です。その当時、もう一人音楽友だちもいたので、興が乗れば3人でバーで飲んだかえりみち、アパートまでテキトーな選曲に即興ハモリしながらふらふら歩いて帰宅する・・・みたいな音楽馬鹿たちでした。

今回カバーした「Like Together」も、世間的にはほとんどしられていないですが、凝りすぎず。でもさりげなく心にメロディが染みこんでくる彼らしい間。彼の歌声で聴くとほんとに引き込まれる名バラードだと思います。それでずっとカバーしたかったんですけど、とにかくこの曲、女性パートがけっこう彩りを添える上で重要なんです。元曲では種とも子さんが歌っているのですが、Kayさんとやりたい曲の雑談しているときに、「実はこの曲やりたいんだけど・・・地味過ぎですよねぇ」って打診してみたら、とても気に入ってくださったみたいで、実際、オケ作ったら激早でに歌入れしてくださいました。
おかげさまで、こうして長年やりたかった曲・課題をまた一つ、クリアできた次第です。
今回も、Kayさんが元曲の雰囲気を即座に掴んで、本家とは微妙にずれてる僕の歌に合わせて、とても素敵な雰囲気でハモリ、絡んでいただけました♪

Kayさんが曲説明に書いてくださるかもしれませんが、以前Kayさんとカバーした「エイリアンズ」にも通ずる、日常がテーマなのに、どこか脳内異世界でのシーンのような不思議な浮遊感のあるハモリがお気に入りのポイントです。
http://musictrack.jp/musics/94544

2017年に、義父が脳梗塞で倒れ、2泊3日で弾丸帰省した時にちょうど彼のライブが自由が丘であったので、久しぶりに会いました。ライブのテーマは「伊豆田洋之ポールマッカートニーを歌う」という今も選曲は都度変えながら続いている、マッカートニー&伊豆田ファンには息の長いライブです。演奏が終わって僕と、当時も一緒にいた友人2人の席に伊豆田くんがきて真っ先に聞かれたのが「Gさん、Let's Love、どうでした?すごい凝ったマニアックないい曲じゃないですか?」でした。「Let's Love」はポール・マッカートニーがジャズの名シンガー、ペギー・リーと会食の約束をした時にプレゼントするために書いた曲で、けっこうレアな、隠れた名曲です。僕がペギー・リーを好きなジャズシンガーと言っていたのを覚えてくれていたのかもしれないけど、マッカートニーファン向けな本当にマニアックな選曲を、みごとに弾きがたっていて「ああ、今も変わらずこうやって歌うことが(超有名になったり売れたりすることより)大好きなんだな・・・」って、変わらない人柄にとても懐かしさを感じました。

しかしほんとに帰省できない・・・2017年も義父の重病ってことでしたが、2泊3日で僕の実家は荷物を取りに1時間弱立ち寄っただけ。でも伊豆田くんのライブ行って、レース仲間のマクラーレン試乗させてもらってたり(ポルシェやフェラーリとか大概の速いクルマは経験済みだったのにカルチャーショック受けたすごい走行性能でした)、めったに帰らないとやること・行くとこが多すぎて時間のヤリクリと喉が大変(行った先々で積もる話しが多いから)です。数年に1回じゃなく1-2年に1回は帰省できるようになりたいですわ・・・(-_-)

  • JASRAC: 204-5164-4
  • 原曲: Like Together
  • アーティスト: 伊豆田洋之

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品