/
KT

『2つの交響的断章』 /ネリベル

シエナ・ウインド・オーケストラ カバー
  • クラシック
  • 15回 再生

2つの交響的断章
(2 Symphonic Movements)は、
ヴァーツラフ・ネリベルの作曲した
吹奏楽曲。

ノースダコタ州立大学のバンドから
委嘱されて作曲されたもので、
1970年に出版された。
『トリティコ』(1965年)や
『交響的断章』(1966年)で
吹奏楽の分野に重要な作品を
残したネリベルが、
その手法をさらに洗練させた作品と
評価されている。
日本でも代表作の一つと評価され、
全日本吹奏楽コンクールでは
1977年の天理高等学校吹奏楽部以来、
2021年時点で9回取り上げられている。

2つの楽章からなり、演奏時間は
第1楽章が約12分、
第2楽章が約3分半。

第1楽章 Marcato

全曲の基本動機である、
 鍵盤打楽器の奏するD-A-F-Bbの
 オスティナートで始まる。
 その裏で金管楽器の和音が重なっていき、
 音価が分割されていくとともに
 重厚なトゥッティが確立される。
 その後、基本動機の鳴り響くトゥッティの間に、
 木管楽器の独奏が絡み合う部分や、
 コラール風の楽想が差し挟まれ、
 最後は消え入るように終わる。

第2楽章 Allegro impetuoso

ティンパニの力強い独奏で始まり、
 金管群の動機がそれに応える。
 ここでもD-A-F-Bbの四音が用いられている。
 その後も第1楽章とは対照的な
 スピード感の中で基本動機が
 徹底的に敷衍され、
 冒頭の楽想が多層的な
 響きの中で再現されると、
 叩きつけるように終わる。
Wikipediaより

やっと手に入れました!
そして出来上がりました!
大変な曲ですわ・・・^^;

  • JASRAC: 0T2-3741-9
  • 原曲: TWO SYMPHONIC MOVEMENTS
  • アーティスト: シエナ・ウインド・オーケストラ

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品