/
KT

組曲 『くるみ割り人形』より第7楽章

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 11回 再生

『くるみ割り人形』
(くるみわりにんぎょう、
英: The Nutcracker)は、
ピョートル・チャイコフスキー
(Tchaikovsky)が作曲した
バレエ音楽(作品71)、
およびそれを用いたバレエ作品である。
チャイコフスキーが手掛けた
最後のバレエ音楽であり、
1892年にサンクトペテルブルクの
マリインスキー劇場で
初演された。

クリスマスにちなんだ作品であることから
毎年クリスマス・シーズンには世界中で
盛んに上演される。
クラシック・バレエを代表する作品の一つであり、
同じくチャイコフスキーが作曲した
『白鳥の湖』『眠れる森の美女』と共に
「3大バレエ」とも呼ばれている。

演奏会用組曲

バレエ組曲『くるみ割り人形』(作品71a)は、
チャイコフスキーがバレエ音楽から編んだ組曲である。
1892年3月、『くるみ割り人形』の作曲中であった
チャイコフスキーの元に演奏会の依頼が来た。
あいにく手元に新作がなく、
また作曲する暇もなかったため、
急遽作曲中の『くるみ割り人形』から
8曲を抜き出して演奏会用組曲とした。
この組曲は、バレエの初演に先立ち、
1892年3月19日(ロシア旧暦3月31日)に
初演されて好評を得た。以下は慣例名による。

第7曲 葦笛の踊り
 (Danse des mirlitons)
Moderato Assai、ニ長調、
 4分の2拍子(小ロンド形式)。
 A-B-A-C-Aの形を取る。
 おもちゃの笛「ミルリトン」が踊る。
第8曲 花のワルツ (Valse des fleurs)
Wikipediaより

  • 作曲: Tchaikovsky

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品