/
KT

組曲 『くるみ割り人形』より第4楽章

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 13回 再生

演奏会用組曲

バレエ組曲『くるみ割り人形』(作品71a)は、
チャイコフスキーがバレエ音楽から編んだ組曲である。
1892年3月、『くるみ割り人形』の作曲中であった
チャイコフスキーの元に演奏会の依頼が来た。
あいにく手元に新作がなく、
また作曲する暇もなかったため、
急遽作曲中の『くるみ割り人形』から
8曲を抜き出して演奏会用組曲とした。
この組曲は、バレエの初演に先立ち、
1892年3月19日(ロシア旧暦3月31日)に
初演されて好評を得た。以下は慣例名による。

第4曲 ロシアの踊り(トレパック)
  (Danse russe (Trepak))
Tempo di Trepak, Molto vivace、
 ト長調、4分の2拍子(複合三部形式)。
Wikipediaより

  • 作曲: Tchaikovsky

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品