/

ディストラスト

  • 49ビュー

嫌いな奴の一人や二人
誰にでもいるだろう
僕にも許せない奴がいる

一見良い人そうでいて
人を裏切ることを
平気でやってのけるような

その背信によって
僕の大切な人が
どれだけ人生を
狂わされたことか

そういう人間のおかげで
どんどん信じられなくなっている
きっとすべて同じなんだと
いよいよ虫酸が走るようになる
救いようがあるんだろうか

それからもう一人といったら
悪口ばかりしゃべり
自分のことしか考えず

誰か犠牲にしても
自分さえ良ければいい
そんなような奴で
関わりたくもない

そういう人間が今すぐ
どこかに消えてなくなったとしたら
果たしてどれくらいの人が
地球に残っていられるだろうか
そんなことが離れないんだ

分かっている
考えすぎていることは
ただもしかしたら
もう感覚的に
そう感覚的に
嫌悪しているのかもしれない
自分も含めた

あらゆる人間を含めて
どんどん信じられなくなっている
きっとすべて同じなんだと
どんどん失望が積み重なるよ
救いようがないところまで

救いようがないところまで

不信についてのもので、
いくところまでいってしまった詞です。。

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品