/

島津亜矢 曽根崎心中より「お初の歌」カバー

島津亜矢 カバー
  • 演歌
  • 12回 再生

「曽根崎心中」は1703年4月、曽根崎で実際に起こった心中事件をもとに、
その後たった一ヶ月後には大阪の竹本座で初演され大ヒットした人形浄瑠璃で、近松門左衛門の代表作です。
後に歌舞伎の演目にもなりました。

~「道行き」~
 この世の名残り 夜も名残り
 死に行く身をたとふれば
 あだしが原の道の霜
 一足づつに消えて行く
 夢の夢こそ哀れなれ
  
一途な恋ゆえの葛藤から心中へ。
太平の繁栄に浮かれる大坂の町で
「恋の手本」と謳われた愛の物語です。

この「お初の歌」はめっちゃ歌の上手い島津亜矢が歌っていて、すっかり気に入ってしまい歌ってみました
お聞き苦しいセリフも入っていますがお聴きいただけたら幸いです
オケも全部耳コピで作りましたので、お聞き苦しいかもしれません

解説動画 NHK for School
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005310191_00000

歌詞はこちらから
https://www.uta-net.com/song/159876/

  • JASRAC: 034-6263-3
  • 原曲: 『曽根崎心中』よりお初(近松門左衛門原作)
  • アーティスト: 島津亜矢

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品