/

テルーの唄(ゲド戦記) ~ たんぽぽしゃん、心を歌うVer.

手嶌 葵 カバー
  • スクリーンシネマ
  • コラボ
  • 39回 再生

2022年5月8日 Youtube にてスライドショーを公開いたしました~♬
https://www.youtube.com/watch?v=N8FFJp19gAo

【たんぽぽしゃん】さんと、オリジナル楽曲で2020年6月にご一緒して頂いて以来の、第3回目のコラボレーション楽曲の実現でございます~♬
色々な楽曲を、コンスタントに公開されている「ぽぽさん」(勝手な呼び名でごめんなさい)のヴォーカルを毎回拝聴しているなか、この楽曲で「ぽぽさん」とコラボレーションしたいなあ、って突然降ってきたのが「テルーの唄」でした~♬
しかし、本楽曲、「ぽぽさん」には、絶対どなたかからオファーがあって、既にお歌いになられているのではないか、ということが頭をよぎって、まず「ぽぽさん」の公開楽曲に本楽曲がないかを確認することからスタートしました。それから、安心して(笑)楽曲の創作にはいり、「ぽぽさん」に打診、ご快諾頂き、今回のコラボレーションに結びついた次第です。
しかも、素敵にミックスまでして頂き、さらにジャケット画も創って頂き、とてもとてもお世話になりました~♬ 有難うございます~♬

この歌、お聴きくだされば、「ぽぽさん」にぴったりな楽曲だと、ご同意いただけるとおもいます。もう十何年も前の楽曲ですが、「ぽぽさん」が歌われていなかったというのは、私にとっては奇跡のような嬉しさです~♬
この透明感のあるヴォーカルヴォイス、そして心の優しさを伝えるような歌唱力、ほんとに素晴らしいヴォーカリストさんです~♬
映画では「手嶌葵」さんがお歌いになられましたね。凄く素朴な感じの中に、歌力のある素晴らしい歌唱力でした。この楽曲で一時代を代表するような歌い手さんになったと思います。本楽曲、作曲は「谷山浩子」さんなんですね。長らく「手嶌」さんの歌しか聴いていませんでしたが、「谷山」さんの歌う本楽曲を聴いてみますと、声も素敵で、流石作曲者だなあって感じます。「手嶌」さんとは違う感じでこちらも凄く良いです。そして「ぽぽさん」の歌う本楽曲、もう、「ぽぽさん」の世界が広がっていますね。やっぱ、お願いして良かったなあ、ってしみじみ思います~♬

本当の寂しさや悲しみは今の私には想像もつきませんが、今、家族と、仲間と楽しく暮らしていたある日、突然、訳もわからず争いにより、一人っきりになってしまった人がどれだけおられるのでしょうか。
それでも、生ある限り生きていかなければなりません。どれだけ悲しくても、寂しくても、歩かなければなりません。
また笑顔で輪を組んでいるけれども、いつもいつも心の中は寂しさでいっぱいの人がどれだけおられるのでしょうか。それでも笑顔を絶やさないで歩かなければなりません。悲しくもあり寂しくもあり苦しくもあるなか。

鷹は何が悲しいのでしょう。花は何がせつないのでしょう。人は何が寂しいのでしょう。
そんなことも少し考えてみたくなる「ぽぽさん」の「テルーの唄」

少しの時間、耳を傾け、心を頂け、お聴き頂ければ幸いでございます~御礼)

  • JASRAC: 130-6468-1
  • 原曲: テルーの唄
  • アーティスト: 手嶌 葵

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品