/
MM1

SWEET SWEET SURRENDER / DON NIX

DON NIX カバー
  • ロック
  • 39回 再生

約35年前(1987)にTEACの4CH MTR(A-3340S)で相棒(MM2)と
一緒に録った"Sweet Sweet Surrender"のMIXファイルを発掘☆
個別の録音ファイルが残ってないっていうことは。。。
正にオープンリールのテープデッキによるアナログ録音ですネ。

当時はまだDTMやMIDIは出現していないので自ら楽器を演奏
しないと音楽が成立しない時代でした。当然カラオケもない!

レコーディング・リストは簡単なメモしか残っていなかった。
それによるとキーボードとピアノは相棒(MM2)が弾いてるので
彼が自宅で録音した録音テープとTEACの4CH MTR(A-2340S)を
持って来て私の部屋で4CH MTR2台を使ってピンポン録音で
仕上げてるようです。

ネットもDTMもない時代でしたから対面で一緒に演奏しながら
レコーディングするのは当たり前だったんですネ。

曲はドン・ニックスが1973年にリリースした3枚目のアルバムの
"HOBOS,HEROES AND STREET CORNER"に収録されています。
オリジナルはドン・ニックスですが一般的にはBBAのアルバム
"Beck Bogert & Appice"(1973年)でのカバーでご存じの方も
多いと思います。
このBBAアルバムはドン・ニックスがプロデュースしています。

現在のDTMの緻密なMIXとは違って非常にラフな演奏/MIXですが
若さゆえの勢いと元気がありますネェ☆ ←今これが欲しい(汗;

当時ギター・ソロ以外が出来上がって続きは後日ということに
なったところで相棒(MM2)が帰りの車の中(カセットテープ ^^)で
聴きたいんで仮でいいからギター弾いといてと言うので思い向く
まんまにノリノリで弾き始めたらエンディングのソロの途中で
1弦がブッ切れてしまったッ★

ここでストップするとまたMTRのテープを巻き戻して最初から
録り直しになるかと思って相棒(MM2)を見たらアイコンタクトで
「そのまま行けッ!」と訴えてるので後半は1弦なしで最後まで
一気に弾き続けてますねん。今聴いても興奮します!
フレットを行き来してるのはその為です。

後日ギターソロのハモリパートを追加で録っています。
古い録音で恐縮です。先に逝ってしまった故MM2に捧げます。
                      1987.03.Rec.
------
(MM1)Vocal/Chorus/E.Guitar/BluesHarp/DrumMachine
(MM2)Vocal/Chorus/A.Guitar/Keyboard/Piano/E.Bass

  • JASRAC: 0S1-4264-3
  • 原曲: SWEET SWEET SURRENDER
  • アーティスト: DON NIX

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品