/

虚空

  • 37ビュー

今までやってきたことに
意味を見出だそうとしても

それが全くないことに
気づかされてしまうだけだ

どこに行こうと
何をしようと
通用しない
そんなことばかり…

思っていた以上に僕は
何にもない存在だった
そこまでじゃないと思ったけど
これといって何もなかった
誰かになった気になっていただけさ

何にもない空の下は
とても気持ちがいいだろう

空気の澄んだ
冬の空など
そう今日なんて
特にそうだろう…

でも“透明な僕”にとって
空虚さの象徴のような
そんなようなものにしかもう
映らなくなっているんだよ
いや今日なんて特にそうなんだから

思った以上に
冷えてしまって
肺が痛くなった
でもこの痛みは
僕が存在しているという
証拠になるかも
この痛みだけが…

思っていた以上に僕は
何にもない存在だけど
“完全なる透明”ではない
これと言って何もないけど
この痛みはそう教えてくれるから

この痛みはまだ教えてくれるから

行動を起こせば起こすほど、
ドーナツの穴のように
真ん中には何もないような気がしてきます。

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品