/
KT

組曲 『白鳥の湖』 最終楽章

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 17回 再生

『白鳥の湖』
(英: Swan Lake)は、
ピョートル・チャイコフスキーが作曲した
バレエ音楽(作品20)、
およびそれを用いたバレエ作品である。

本作は、チャイコフスキーが初めて発表した
バレエ音楽である。
1877年にモスクワのボリショイ劇場で
初演された際はあまり評価が得られなかったが、
チャイコフスキーの没後、
振付家のマリウス・プティパとレフ・イワノフが
大幅な改訂を行い、
1895年にサンクトペテルブルクの
マリインスキー劇場で蘇演した。
現在上演されている『白鳥の湖』のほとんどは、
プティパ=イワノフ版を元としている。

演奏会用組曲(作品20a)としても演奏される。
1882年、チャイコフスキーは楽譜出版社の
ユルゲンソンに宛てた手紙で、
『白鳥の湖』の組曲を作りたいという
意思を表明しているが、
その後の経緯については
資料が残されていない。
今日演奏されている組曲は
以下の6曲から成るが、
指揮者によって曲目が
多少変更されることもある。

1・情景(第2幕 第10曲)
2・ワルツ(第1幕 第2曲)
3・白鳥たちの踊り(第2幕 第13曲 4.)
4・情景(第2幕 第13曲 5.)
5・チャールダーシュ:ハンガリーの踊り
(第3幕 第20曲)
6・情景(第4幕 第28曲と
第29曲の冒頭26小節)

またクロード・ドビュッシーは、若い頃に、
チャイコフスキーのパトロンであった
ナジェジダ・フォン・メックの
お抱えピアニストを務めていたが、
1880年に夫人の指示で
『白鳥の湖』の一部を
ピアノ連弾用に編曲し、
ユルゲンソンから出版している。

ワーグナーからの影響
本作品にはワーグナーの
オペラ『ローエングリン』からの影響が
指摘されている。
両作品で白鳥が象徴的な
意味を持つこと、
『ローエングリン』の第1幕第3場で現れる
「禁問の動機」と『白鳥の湖』の
「白鳥のテーマ」との類似性、
そしてチャイコフスキーがワーグナー作品の中で
『ローエングリン』を特に高く評価していたことが
根拠として挙げられている。
Wikipediaより抜粋

これでスッキリした気がします・・・

  • 作曲: チャイコフスキー

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品