/

OOH LAS VEGAS

GRAM PARSONS カバー
  • ロック
  • コラボ
  • 65回 再生

電気じぃじさん、Kayさんとの3人としては初コラボです。

「OOH LAS VEGAS」はグラム・パーソンズの1974年のアルバム「Grievous Angel」に収録された曲でデュエットしているのはエミルー・ハリスです。

グラム・パーソンズは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、カントリー・ロックの始祖とも言うべき人で、ローリングストーンズと仲が良く、キース・リチャーズは彼を弟のように可愛がっていました。ミック・ジャガーが二人の仲を嫉妬するくらいだったそうです。

しかしグラム・パーソンズは1973年に26歳で薬物過剰摂取により亡くなってしまいます。この曲は彼の死後、遺作として発表されたものです。

エミルー・ハリスも日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、ザ・バンドの映画「ラストワルツ」で水色のワンピースを着てアコギを弾きながらバンドと共に「エヴァンジェリン」を歌っていた髪の長い女の人、と言えばお分かりになる方もいらっしゃると思います。

今回はまずイントロのギター(ジェームス・バートン)に惹かれ、MTでジェームス・バートンを弾くならこの方!ということで電気じぃじさんにオケをお願いしました。

またエミルー・ハリスの澄んだボーカルはまさにKayさんにピッタリだと思い、ハモリをお願いしました。

僕は最初のソロでBベンダーのテレキャスターを弾いています。僕のBベンダーはHIP SHOT製で腰に当てたバーで2弦(B弦)をベントさせるのですが、これがなかなか難しくコツが要ります。慣れたころには腰がメリメリいう有様で、健康に留意してほどほどにして録音しました。

電気じぃじさん、Kayさんありがとうございました!よろしければお聴きください。

  • JASRAC: 0O0-4507-3
  • 原曲: OOH LAS VEGAS
  • アーティスト: GRAM PARSONS

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品