/

もう一度だけ

  • 51ビュー

季節(とき)はいつしか、あの頃に続く
鮮やかな空 匂い立つ風と
そして歌ってくれた、あの歌を
もう一度だけ あなたに逢いたい

日ごと夜ごとに慕(つのる)想いは
私のなかで仄かに揺れる
抱かれるように眠りつくけど
朝の涙が待ち構えているだけ

あなたの歌を、わたしが歌っても
細く寂しく聴こえてくるだけ
沈丁花なら、そろそろ咲くころ
もう一度だけ、聴かせてくださいますか

季節(とき)の後道(あとみち) 振り返ってみても
落ちた恋花、無残に広がる
綺麗にかたどる、想い出でもいい
それが私の生きるすべならば

ふと手を止めて、この手を眺める
愛した人の名が零れる
包み込まれて、ここまで来たけど
刻まれた傷、それは哀憐の日々

あなたの歌を、わたしが歌っても
細く寂しく聴こえてくるだけ
沈丁花なら、そろそろ咲くころ
もう一度だけ 聴かせてくださいますか もう一度だけ

2022 2 14

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品