/

落命

  • 69ビュー

近頃うっかりが多くて
特に“置き忘れ”はひどいんだ

スーパーに財布を置いてきて
家に帰ってから気づくとか

郵便物をとろうと
玄関を出て
家の前のポストまで来て
そこに鍵だけ置いてきたりとか…

しばらくしてはっとする
所定の位置にないということ
どうしてなくなったのか
思い返して“推理”しながら
なんとかたどり着けてはいるから

だからあの交差点でほら
うろうろと何か探している

永遠とみっともない
醜態さらす
そんな奴にはならないんだ
たとえどんなものをなくしたって…

しばらくしてはっとした
今度は“命を落とした”こと
家に帰って寝るまで
気づかないなんてうっかりだよ
さあすぐ“推理”を開始したなら

例の交差点で
自転車と
ぶつかったときだ
その拍子に車道に出て
軽トラックに轢かれたら
目の前が一瞬
真っ暗になった…

急いでそこに戻って
じっくりくまなく探してみる
ここに落としたことには
ほら確信があったんだから
容易に見つかると思ったんだ…

しばらくしてはっとする
「そもそもさ命は落としたら
見つかるようなものなのか…?」
そうかそうだったのかあいつが
探していたのはこれだったんだ

二度と見つからないものをずっと…

ホラー的歌詞の三つめになります。
ちょっとホラー要素が少なめですが、
未練を残した人たちは、ずっと何かを探しているのかもなあ。
と思いながら作ったものです^^

ちょっと落語の「粗忽長屋」要素も入れております。

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品