/

夕焼けのエレベーター・ホール

  • 14ビュー

夕焼けの
エレベーターホール
窓を背に
君は立っていた
 
表情はまるで
わからなかったけど
退屈そうに
待ってるみたい


チラッと
こちらに
視線が向いたので
柄にもなく
手を振ってみたよ
 
夕陽挿す
エレベーターホール
少し離れて
僕は立っていた
 
思い返して
後悔し始めてた
うれしそうに
手を振ったこと
 

チラッと
白い歯が
見えたと思ったら
照れくさそうに
手を振ってくれた
 
チャイムが鳴って
彼女の姿は
吸い込まれるように
消えた
 
なにか
あたたかいような
空気をあたりに
残しながら

・歌詞モドキ
・窓の大きなエレベーター・ホール夕焼けが綺麗てした。

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品