/

あたりまえの生き方

  • 26ビュー

帰り道 行きつけのカレー屋の店主は
危な気も無しに注文に応えている

いつか聞いてみたんだ
お店は楽しいですか
苦笑い 答えたんだ
好きで始めたんですけどねって

敵わないって思った
自分で選んだ道求める姿
僕が真っ先に諦めた生き方

あたりまえの生き方
馬鹿げてると嘲笑ってた
楽な方に身を委ねて
どうにかなるなんて思ってた

あたりまえの生き方
本当は羨んでた
続けた先に望み叶えた強さに
ただ指を咥えてた

今更だけど
与えられた場所
俯かず歩いていたい

平日の夕方は仕事帰りの晩飯
通い詰めて来てるのに
気に入られてるか 読めない

ある日聞かれたんだ
お店は楽しいですか
苦笑い 答えたんだ
好きで始めたんですけどねって

情けないって思った
願って始めたのに
みんなを笑顔にしたい
そんな望みさえ疑ってた

あたりまえの生き方
どうにか向き合ってた
やがて出来ない自分に出会し
次々見切りを着けてきた

あたりまえの生き方
気付けば見失ってた
義務感に追われて
何の為に始めたのかさえも忘れてた

今度こそ自分で決めた理想
容易く諦めはしない

あたりまえの生き方
いつでも言われてきた
無数の努力を積み重ねて
初めて待ち望む果実が掴めること

あたりまえの生き方
気付けば逃げてるけど
いつか夢みた明日の景色を
誤魔化さずこの手で描きたいから

取り組めるだけ 手を抜かないで
あたりまえに生きていく

世の中であたりまえと言われていることで
本当にあたりまえなことって、
実際どれだけあるのでしょう。

今日と同じような明日が来たり、
もしかしたら、太陽が昇って沈むことさえも、
本当はあたりまえなんかではないのかも知れません。

でも、それをあたりまえのように取り組む姿に
解決や成就へのエネルギーは生まれてくるのかも、
最近になってそんな風に思えるようになりました。

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品