/

歌劇 間奏曲メドレー「カルメン」ビゼー「カヴァレリア・ルスティカーナ」マスカーニ

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 59回 再生

私は、秋の夜長には何故かクラシックがお似合いと感じています(o^―^o)ニコ
活動的だった夏が終わり、木枯らしが吹き始める前までの秋って何となく寂しさを感じてしまいますね。
そんな思いからこの2曲を選ばせて頂きました(o^―^o)ニコ
お休み前にでもお聴き下さいね(⌒∇⌒)

曲目は「間奏曲メドレー」

※間奏曲とは、オペラなどの劇の幕と幕の間、または、一つの幕の中での小休止に演奏される楽曲です。

1.歌劇「カルメン」第一組曲 第3幕より間奏曲/ジョルジュ・ビゼー

「アルルの女」のメヌエットのように,ハープの分散和音の上にフルートの牧歌的メロディが演奏されます。
実際この曲は、「アルルの女」のために作られたものだそうです。

2.歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 間奏曲/P.マスカーニ

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」は「田舎の騎士道」という意味なんだそうです。
元々はイタリアの小説家ヴェルガが書いた同名の「戯曲」が原作で、これを作曲家マスカーニが一幕のオペラ作曲作品として作曲したようです。

共に3分弱の小品ですが、メロディーの美しさは有名で、耳にされた方も多いと思います。

◎ 制作ノート

カルメンの方はダイナミックレンジを広く取りメリハリを付けました。
逆にカヴァレリアの方はレンジを狭くし、全体的に音量も小さめにしてます。
主となる音源はEWQLですが、FluteはGARRITAN PERASONAL ORCHESTRA 4
私はこのフルート音がとても好みです(o^―^o)ニコ

YouTube等の演奏を聴くと、カヴァレリアに関してテンポの揺れがどれも半端なく、
それを表現しようとしましたが上手くいきませんでした(-_-;)

お聴き頂けたら幸いです(^^♪

  • 作曲: ジョルジュ・ビゼー
  • ミキシング: ひろりん

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品