/

Lara...

  • 26ビュー

Lara... 今も口遊んでる
Albinoniなぞった『adagio』
Lara... この国じゃ聴こえない
もうこの国へ来ないあなたの詩

手持ちのmp3にも飽きて
aircheck 掛けてた頃
アメ村のTowerrecordsで
偶然それは聴こえた

Mariahを手掛けた
Mottoraの差し金で
キャッシュバックも受け付けた
CDはその場で買った

カナダからやって来た
優しく逞しい歌声は
異国の歌を碌に知らなかった
僕の世界を変えた

Lara... 今もまだ覚えてる
心踊らせた『I will love again』
Lara... だけど数字に踊らされて
もうこの国じゃ聴けなくなったんだ

あれからamazonを探しても
英語でさえ見つからなくて
フランス語のバナー押して
漸く新譜が聴けた

ブラジルで歌っては
ロシアで映画を撮って
トルコの歌手と共演したら
カナダで国歌を歌ってた

David Fosterも
John Williamsさえも
歌わせたがった傾国の歌姫さ

Lara... 今もまだ世界中
数ヵ国語で響いてる『Si tu m'aimes』
Lara... だけどフィギュアで流れても
売れなければこの国じゃ響かない

youtubeの上では
あなたのライブが見える
youtuber達も
あなたの歌 称えてる

かつてもう一度この国で
その声が聴けるはずだった
だけどテロリズムを理由にして
この国で歌われる事がなくなった

Lara... 突き付ける訳じゃない
裏切られて立ち直る『broken vow』
Lara... 物語に涙した
素直な頃にもう一度戻りたい

Lara... 叶うならこの国で聴かせて
この胸に『you are my heart』
Lara... いつか気づいてほしい
この国であなたを待っていること…

ベルギー出身のLara Fabianと言う歌手がとても好きです。
就職した年に初めて聴いて以来、
それこそ新譜が出れば即買する勢いです。

音楽的にはCeline Dionとよく比べられますが、
Lara Fabianを支持する人達は負けず劣らず多い程。
歌ったことのある言語は優に10以上に及ぶそうです。
英・仏・伊・西・独・墨・露・土・あと数ヵ国…凄ぇ。

ところが日本での売上は然程奮わない事も禍して
一度は契約したSONYもわずか二枚で撤退します。
20年近く振りにポリドールから日本盤が出て
日本公演は無いもののシャンソンのイベントに招聘、
しかしその直前に起きたテロを理由に
Lara Fabianはそのイベントの出演を取り止め、
最終的にイベントが中止する事態となります。
それ以降、日本でLara Fabianが
取り沙汰される事はなく、今に至ります。

この歌ではファンとして思うところを綴ってみました。
ちなみに、『』は全て曲名で、
英語盤デビュー作『Lara Fabian』に収録されています。

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品