/

邊暮之介 花篇ーあたりくれのすけー

  • 64ビュー

はずかしながら たとえれば
野に咲く目立たぬ 花がいい
ひとときひらいて
ひっそりしぼむ 花がいい
 やわな野郎で 目障りな
 鴉蜻蛉でござんすが
 てまえ流浪(ながれ)の邊暮之介

花なら いかに 小粒でも
咲けば目につく チョウもくる
つかのま夢見る
姿にほれる 女もある
 生まれ在所はあでやかな
 水郷佐原の花あやめ
 おんな苦手な邊暮之介

隠れてひとり咲く花の
踏まれてつぶれて 枯れるとも
雨風いとしみ
土へと還る 律義さよ
 闇に乗じて 消えていく
 臆病者とは大違い
 詫びて 草鞋の邊暮之介

拙者 刀は飾りもの
仇討ち 助太刀 頼むなら
ほかをあたって むむ…暮之介

インストは鰐組トップページで。こちら

ボカロ版はこちらで。

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品