/

Endless

  • 85ビュー

川を渡る日が近い
そのとき何を思うのだろう
そばにいるであろう君は
つくり笑いをするんだろうね

残された時間で
考えうるだけの
残される者へと
つなぐ愛のかたち ひとえに思う

君がもし
涙をこぼしたら
僕はきっと
笑って返すだろう、大丈夫だよって

皺枯れた声で呼ぶよ
その名の響き、大好きなんだ
震える手でもいいかい
精いっぱい君を抱き寄せたいよ

ときを戻せるなら
悔いのない暮らしを
すべてを包み込む 
終りのない愛を 永遠に結ぶ

君がもし
さよならできないと
僕はきっと
笑ってこう云うよ、君と出逢えてよかった、と

君がもし
さよならできないと
僕はきっと
笑ってこう云うよ、君と出逢えてよかった、と

2021 9 15

〜附曲になりました、読んでくださり有難う御座いました〜

ぺん

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品