/

『 過ぎゆく夏の少年 』 のりちゃんとボカロたち

オリジナル
  • フォーク
  • コラボ
  • 46回 再生

あなたが少年、また少女だったころ
夏休みはどんなものだったでしょうか?
あのころの僕は・・・私は
どんなことを考えていたんでしょうね。
そんなことをいろいろと思い出させてくれる
さむでぃさんの素敵な歌詞です。
さむでぃさんはOKMのころから知っていて
いつも素敵な歌詞なので、いつかコラボしたいと
思ってましたが、今回実現しました。
先日公開した「風鈴」の歌詞の歌詞を申し出ていただき
現在、歌を練習中です。
その前に曲先でお願いした『 過ぎゆく夏の少年 』を
公開します。お聞きください。
のりちゃんとボカロたちが合唱します。
最後に私のセリフが入ります。
ジャケ画の少年は誰でしょうか?
「少年N」ということにしときます。(笑)

さむでいさんのコメント・・・
*****************************************************

なんと!のりちゃんさんと初めてコラボさせて戴きました^^

今作はメロ先なんですが、送って頂いた音源はALLサビ曲・・。
Doしたもんかなぁ~って、思い巡らせてこんな歌詞を書かせて
戴きました(^^♪
デモの仮タイトルも「夏休み」って事でしたので、そこから広げ
させて戴きました(広がってなかったらゴメンなさい!)^^

なんとも、ノスタルジックでPOPでどことなく大人が感じる哀愁
なんかも秘めたメロディ&コーラスです。
そしてそして・・のりちゃんさんが最後にかっちょいいプレゼント。

ぜひぜひ、その耳で確認して下さい(グッときますよ~)^^

*******************************************************

『 過ぎゆく夏の少年 』 作詞:さむでぃさん

ザリガニとクワガタと入道雲
夕立の中の少年がいた

明日への不安も後悔もなく
この道の果てが知りたかった

赤トンボと鈴虫とイワシ雲
秋風の中に少年がいた

夢と挫折を繰り返しながら
この道を いつか振り返って

今日も またひとつ何かを覚えて
またひとつ何かを捨てて

未来への不安も後悔もなく
この道の果てを探しにいこう・・

  • 作詞: さむでぃさん
  • 作曲: のりちゃん
  • 編曲: のりちゃん
  • ボーカル: のりちゃんとボカロたち
  • ミキシング: のりちゃん

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品