/

はりまや橋純情

オリジナル
  • Jポップ
  • コラボ
  • 34回 再生

作品番号
#341

【はりまや橋純情】

高知のご当地ソングといえばアレンジャーはうらぱんさん。

いつも素晴らしいアレンジをしてくれますが、今回のは特に秀逸。

僕のボーカルのキーが合わずご迷惑をおかけしましたが、僕のご当地ソングではトップクラスのレベルだと自負しています。
歌詞の世界観を最大限に広げていただきました。
うらぱんさん、本当にありがとうございました。

ここで少しはりまや橋とよさこい節に関するミニ情報を。

ルーツとなっている五台山竹林寺は僕んちの近くなんですが、こんな話が伝わっています。

竹林寺の住職であった純信37歳は実は佐藤二郎系の不細工な男だったとか。お馬さんは評判の美人でなんと17歳。そんな二人に嫉妬したのがお馬さんに振られた竹林寺の若い修行僧慶全で、そいつが『竹林寺の純信がはりまや橋の呉服店でお馬に簪を買っていた』とデマを流したのが、よさこい節のルーツとか。実は簪を買ったのは慶全です。その後その噂が広まり寺にいられなくなった純信は仏門では妻帯が禁止されているため、お馬と駆け落ちをします。香川県琴平で捕縛された二人は、高知城下で面晒しの刑を受け、国外追放となります。詳しくは忘れましたが、何かそんな話だったように記憶しています。そのストーリーを書き起こしてみました。

♫土佐の高知のはりまや橋で 坊さん かんざし買うを見た よさこい よさこい ♫

みなさん、どうぞ聴いてください。

★動画は・・・・・・https://youtu.be/r6a2WN7YPWg

  • 作詞: バンカース浜中
  • 作曲: バンカース浜中
  • 編曲: うらぱん
  • ボーカル: バンカース浜中
  • ミキシング: うらぱん

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品