/

朝顔 / soramitacotoca feat.kohji

オリジナル
  • フォーク
  • コラボ
  • 47回 再生

うらぱんさんとのユニットsoramitacotocaとして昨年(2020年)に公開した作品ですが、
今回 kohjiさんにボーカルをお願いしました。

コロナ禍で帰省自粛となってる今年の夏、
特にお盆の時期は故郷への想いを強くされる方が多いかと思います。

今は亡き両親や祖父母のこと、変わりゆく町並みなどを想いながら、
コロナ禍で帰省もできない想いから昨年書いた歌詞。
来年こそは、懐かしい友人たちと想い出話の花が咲く、
そんな夏を迎えたいものですね。

そんな願いを込めながら、kohjiさんボーカルバージョンとして改めて公開させて頂きました。

皆様、くれぐれもご自愛くださいね。

昨年公開したユニットsoramitacotocaバージョンの動画はコチラ

****************************************************
(歌詞)

朝露に爽けし青は 一日の始まりの花
幼き日 母と見上げた 夏の空の色に似て

懐かしさ寂しさ募る ひとときの人恋しさに
おぼろげな夢のひとひら 拾い集め紡ぎましょう

報われぬことなどないと 心根に言い聞かせては
抱きしめた幾年月の 描くは明日への標

***

朝涼み 風とたわむる 涼しげな風鈴の音
打ち水に跳ね退く猫の 穏やかな夏日の風景

槿花色 花浅葱色 宵祭りの水風船
小波立ちて水面を 朝の風が通りゆく

ありふれた行い一つ くりかえすことの一つは
生きてゆく幾年月の 希望の糧の一粒

*

朝顔の花に添いては 今日も佳き日であること
願いつつ 現に帰る 朝露こぼれぬうちに 朝露こぼれぬうちに

  • 作詞: クミコ
  • 作曲: うらぱん
  • 編曲: うらぱん
  • ボーカル: kohji
  • ミキシング: うらぱん

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品