/

おもちゃのSEX

  • 49ビュー

オモチャのマーチだ。

チータカタッ。

チータカタッ。。

チータカタッ。。。

・・・わたしのカラダをオモチャにされて・・・。。。

「オトナ」になんてならなくてもいい。

「オトナ」のおもちゃなんて欲しくもないから。。

「オトナ」の事情も知りたくないから。。。

もう?これでわかったかい?

「コドモ」と「オトナ」の境界線が?

済んでしまえば、こう思うだろう?

たった、あれぐらいの「おこない」が・・・

2度と帰れない・・・橋を渡った「43」(黄泉)の国だと。

「あなた・・・『愛』って・・・どうやって数えるの?」

「うん。そりゃあ。『一発!』『二発!!』だろお」

「カラダ」だけを 好きに なれたのなら?

どんなに 楽だったろう

魂〜♪の 在り処を 知らなかったら

これほど 苦しまなくて よかったのかも しれない

すべてを 赦すことより

何もかも 破壊してしまうことの 方が

その場 凌ぎの 慰めには なるのかもしれない

でも 出会ってしまった。

そして、見つけてしまった。

もう 後戻りは 決して できない

だから・・・

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

この後の「歌詞」一旦削除します。
そして、日を改めて。

『命(の大切さ)』について語る方々にお知らせ。

「戦争反対」および「殺人」等々は
ただの『結果〜♪』の発露にしか過ぎません。
では、原因!つまり「なぜ?」起こるのかについて
主な原因は「邪淫」だと妄想〜♪しております。
では邪淫とは何か?

端的に書けば。

あなたご自身が・・・仮にもっとも愛する人と出会えて
ご結婚をされたと仮定した時?

その「お相手の方には絶対にして欲しくない行動」
つまり「浮気」=自身が嫉妬してしまう相手の行い全てです。

それが全てで。相手がどうこうとご結婚前に考えたり推測する必要はありません。
あなたが嫌なこと!が。「邪淫」であり「浮気」です。
この妄想〜♪賛同される方々は・・・
ご自身独自の「邪淫」の定義を妄想〜♪されてみてください。

また、いづれ時を改めてもう少し丁寧に
『邪淫』の定義についての「妄想〜♪」をまとめておきます。
この書き込みも!本日公開後、数日経ってからまた削除して
何れ、立ち上げる予定の『幸福の土木〜♪』(未定)サイトに
宗教&倫理&哲学&精神医学ETC・・・についてのみ
テーマを絞っていきたいと考えております。

まだ。構想も衝動〜♪も不十分なので
ゆっくりと時間をかけて吟味しながら
書き直し等々の少ないよう
まとめて順に公開する予定でおります。
もし?お待ちの方がいらっしゃいましたら
畏れ入りますが・・・
それまで、しばらくお待ちください。

注釈:

そして、もっとも大切な概念についての妄想〜♪
この地球〜♪さんでの生活において
「時間」があるような錯覚に囚われていると思いますが。
「時間」は、本来ありません。
なので・・・全てが『今〜♪』です。
「過去」も「現在」も「未来」も全て
『今〜♪』です。

故に:

仮に?男女共『結婚〜♪』を希望して生きて来て
最低限度の資格。(これ、マナーというか思いやりだよね^^;)
つまり『結婚〜♪』する時点で
「お互いにVERSINである」との条件が満たされた
としての話であって。

それ以外の『結婚〜♪』は、厳密に
ただのお住まいの国や地方の法律上の
言わば、端的に表現するとすれば
「専属売買春契約」に過ぎないので
無闇にその資格を持たないものが
『結婚〜♪』という言葉を口にすることは
自らも、他の魂〜♪も貶める言動行動となるので
謹んだ方がご自身のためには得であると妄想〜♪しております。

他に違った考え方をする方々がいらしても
それは、それで『自由〜♪』だと思います。
ただ、ご自身でよくよく考えられてみて
ご自身のその思想なり考え方なり信念に
対する責任はご自身で取られてください。

つまり?その考え方によって
賛同する他者が居て尚且つ
行動に移された場合はその方々の分の
責任についても半分は担うこと。
そして、それプラスご自身の行動言動についても
責任を取られるという覚悟だけはお持ちください

尚。
以上は、僕!の『思いつき〜♪』と
『妄想〜♪』と書きたい衝動〜♪に過ぎません。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

多分、10代の頃に思いついたタイトルで
とてもでは、ないのですが。。
曲も浮かばず。。。
ただ、なぜか?
今日2021年7月15日(木)に急に公開したくなりました。
はじめての「作詞」???(いささか歌詞?かどうか?疑問はありますが^^;)
思い切って、勢いで。公開してみました。
作詞の諸先輩方の思いが伝わってくると嬉しいです。(微笑^^)/

増えていく歌詞〜♪をお楽しみにされてください^^

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品