/

天(あめ)の君 地(つち)の僕 / まろんさん作詞

オリジナル
  • その他
  • コラボ
  • 46回 再生

お久しぶりです_(._.)__(._.)__(._.)_
今回はぼくのインストにまろんさんが歌詞を付けて下さいましたぁ。
もうすぐ七夕ですが、織姫と彦星の伝説をモチーフにした作品です。
星になった愛しい人に、一年に一度でも会いたい切ない望みを歌った作品です。

****** まろんさんより ******

図々しくも、きょうのすけさんに 曲先を お願いさせて頂いたら(^。^;)こんなに素敵なメロディを お渡し下さいました⸜(* ॑ ॑* )⸝
曲のタイトルが 既に『ななユウの逢瀬』と 付けられていたので あっ!七夕だな( *´꒳`* )と単純に連想して 書かせさせて頂いた詞です。
お忙しい中、合間を縫って 素敵に仕上げて下さり、本当に ありがとうございます。
この度は、きょうのすけさん。
お世話になり 誠に ありがとうございましたm(_ _)m

まろん

*****************************

動画も作りましたのでご覧いただければ幸いです
https://youtu.be/4ZwlIjEVuR4

「天(あめ)の君 地(つち)の僕」
作詞:まろん/呼都玻

遥かに輝く 小さな星
召された 君の魂の星

蛍火の 中、2人
指、止まった 仄かな灯
贈られた リングだと
君は言った

カササギよ どうか 繋げて
今夜だけ 僕を 黄泉の国
彦星になり 会いたい

1年 1度に 見える事が
叶えば 姿を焼き付けたい

天の川 量(かさ)増して
僕ら行き違えた時
流してる 涙がね
雨を降らす

祈ってる どうか 今年は
見上げてる 夜空 晴れるように
織姫の君 見付ける

  • 作詞: まろん/呼都玻
  • 作曲: 鮎狂之介
  • 編曲: 鮎狂之介
  • ボーカル: 鮎狂之介

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品