/

曇天

  • 54ビュー

心の天井を懸命に
青く塗り替えても
無駄だったのかな

もやもやした気持ちがそのまま
立ち込めているから
曇天のように

晴れ間を探すけれど
どこまでいっても
変わらないまま
また思考は停止する…

どうか僕を戻してください
あの澄んだ空の下へ
すべて忘れていってしまうよ
能動的なすべてを
心がずっと晴れないから

“人生は自由で美しい”
そんな想いだって
きっとどこかに

残っているはずだな
“もや”により何も
見えなくなった
この世界のどこかには…

どうか僕に戻してください
鮮やかに映る日々を
何もかも薄れてしまうんだ
消えてしまうその前に
心よどうか晴れてほしい

いつ良くなるのだろう
教えてほしいんだ
ほら天気のように
“気分”だなんて
そんなこと言わないで
そんなことは
頼むから
言わないでくれよ

どうか僕を戻してください
あの澄んだ空の下へ
すべて忘れていってしまうよ
能動的なすべてを
心がずっと晴れないから

どうか僕を戻してください
何事もうまくいった
あの時の青い空の下へ
すべてが能動的で
晴れやかだったあの心に

晴れやかだったあの心に

早く晴れてほしいですね。
ただこれは心の中の話でございます。

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品