/

♪能登をぐるりと 作詞:Y&Kさん

オリジナル
  • ポップス
  • コラボ
  • 39回 再生

私のボーカル第三弾です。(笑)

早起きは三文の徳(得)という言葉がありますが
退院後初めてMT訪問した時に
夢さんの歌詞「のんびり行こうぜ」を見つけましたし
先日も早く起きて(自然に目が覚めるのですが)
MTを開いて作詞ページを見ますと
Y&Kさんの投稿されたばかりの詩を見つけました。
タイトルの「能登をぐるりと」と歌詞の内容に惹かれて
即、附曲をお願いしました。

能登は若い頃に妻のひろ子ちゃんと旅行したことがあります。
「曽々木海岸」や「輪島朝市」とか懐かしい言葉に触れ
冬の厳しい季節でしたが民宿で食べた「カニ料理」の味を
思い出しました。
「輪島塗」の箸をお土産に買って帰りました。

この歌詞は季節の違う能登が描かれていて
少し明るめのジャジィーな曲調にしました。
みなさんの体調が良ければ私の歌を聞いてください。
3分33秒の歌です。ゾロ目です。
聞けば何かいいことがあるかも?

Y&Kさんよりコメントいただきました・・・
******************************
能登は演歌歌謡曲では今もたびたび舞台になるところで、
私も一度描いてみたいと思っていました。
そんな能登を舞台にした詞に、
ご夫婦で能登を旅行されたことがあるのりちゃんさんに
曲を付けていただいたのはとても嬉しいことです。
すばらしい曲にしていただいたと感謝しています。
なお、私自身は学生時代に悪友と金沢に旅行したことがあり、
そのとき輪島まで足を延ばしたのが唯一の能登です。
また詞に出てくる電車は、半分以上が廃線区間となってしまった”のと鉄道”のことです。
では、どうぞお聴きください(^^♪
*******************************

Y&K

♪能登をぐるりと  作詞:Y&Kさん

昔の話です  尖(とが)った能登半島 
ぐるりと見渡せる 電車があったとか

あなたと訪ねた 和倉温泉(わくらおんせん) 
そこは今でも 駅があるけど

ひとりぼっちじゃ ひとりぼっちじゃ 
とても行けやしない

別れの話です 寂しい能登の果て 
ガタゴト揺れながら 電車で行けたなら

時間は最終 ひとり奥能登(おくのと) 
何も見えない 禄剛崎(ろっこうざき)に

つらい涙を つらい涙を 
捨てに行きたかった

わたしの話です まばゆい能登の海 
キラキラ光を 電車も浴びたでしょう

心に描いた 曽々木海岸(そそぎかいがん) 
人が賑わう 輪島朝市

いつか笑顔で いつか笑顔で 
行くと決めています

  • 作詞: Y&Kさん
  • 作曲: のりちゃん
  • 編曲: のりちゃん
  • ボーカル: のりちゃん
  • ミキシング: のりちゃん

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品