/

『 ふたり、夏に至る。 』

  • 50ビュー

君が好きだ
この世界で唯一
変わらないものが
あるとすれば

僕の胸の中の
燃え尽きない太陽
その下で咲いている
枯れない向日葵

いつか・・ふたり、夏に至る。
何も語らず 何も求めず
背中合わせの曜日も超えて
波の音を探しながら


君が好きだ
この世界で最後に
確かめるものが
あるとすれば

君の過去の夢と
明日からの憂鬱
君の中に流れてる
終わらない Love song

今夜・・ふたり、夏に至る。
何も感じず 何も想わず
溶け合うように もう離れない
波の音に揺られながら


めくらないカレンダー
砂を抜いた砂時計
さっきから・・時を止めたまま

そして・・ふたり、夏に至る。
何も語らず 何も求めず
背中合わせの曜日も超えて
波の音を探しながら

そうさ・・ふたり、夏に至る。
何も感じず 何も想わず
溶け合うように もう離れない
波の音に揺られながら

梅雨っちゃ梅雨っぽい感じで・・ジメジメした日が続きますね。

過去作含め駄歌詞ブログにUPしてます^^
お暇な時にでも覗いて頂けると嬉しいです<m(__)m>

https://ameblo.jp/someday524/entry-12682011353.html

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品