/

いつまでも覚えているから

  • 50ビュー

いつだってそう僕は
春の光のように優しい

あなたのその笑顔を
思い出すことができるんだよ

時が流れたって
ちっとも変わらないで
そういう僕だって
ずっと子供のままなんだ

一緒に出かけたデパートは
もうなくなってしまったけれど
あなたとともにそこにあって
僕はその光景をいつまでも
ほらいつまでも覚えているから

時間が経つのなんて
ここじゃとても速いものだから

きっとそう僕だって
会っても分からなかっただろう

大きなオモチャ屋の
届かなかった棚に
今ではすんなりと
届いてしまうんだからさ

でも当時の棚の上には
一体何があったんだろう
“あなたとともに過ごした日々”
その世界の中では届かない
そう届かないままでいるから

会わなくなって
どれくらいかな
最後にさえ立ち合うことが
できなかった
できなかったよ
だけど
僕は

一緒に出掛けたデパートは
もうなくなってしまったけれど
あなたとともにそこにあって
僕はその光景をいつまでも
ほらいつまでも覚えているから

あなたのことを覚えているから

母方のおばあちゃんが老衰で亡くなりました。
コロナ禍のため、お葬式に出ることができず
すごくなんというか言い表せない気持ちになりました…。

この事態が落ち着いたら、母方の実家やお墓参りに行こうと思います。

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品