/
KT

ラヴェル 『亡き王女のためのパヴァーヌ』

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 22回 再生

『亡き王女のためのパヴァーヌ』は、
フランスの作曲家モーリス・ラヴェルが
1899年に作曲したピアノ曲、
および1910年にラヴェル自身が
編曲した管弦楽曲。

『逝ける王女のためのパヴァーヌ』や
『死せる王女のためのパヴァーヌ』
などとも訳される。

パヴァーヌとは、16世紀から
17世紀にかけて
ヨーロッパの宮廷で普及していた
舞踏のことである。
Wikipediaより抜粋

  • 作曲: Joseph Maurice Ravel

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品