/
KT

マスカーニ オペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より 《間奏曲》

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 25回 再生

『カヴァレリア・ルスティカーナ』
(イタリア語: Cavalleria Rusticana)は、
イタリアの小説家、ジョヴァンニ・ヴェルガによる
小説(1880年出版)、
同人による戯曲(1884年初演)、
およびピエトロ・マスカーニが同戯曲に基づいて
作曲した1幕物のオペラ(1890年初演)。
題名は「田舎の騎士道」といった意味である。
今日、特にイタリア語圏以外では
最後のオペラ作品が有名となっており、
本項でもオペラを中心に記述する。

ヴェルガの出身地シチリアの
山間部を舞台として、
貧しい人々の暮らし、
三角関係のもつれから起きる
決闘と殺人を描いたこの小説は、
イタリアにおけるヴェリズモ
(リアリズム文芸運動)の
典型的作品とされている。

一方、マスカーニのオペラは
1890年に完成し、
楽譜出版社ソンゾーニョ社主催の
1幕物オペラ・コンクールで
圧倒的な支持を受けて優勝、
マスカーニはたちまち
オペラ界の寵児となった。
また、このオペラは
ヴェリズモ・オペラ形式の
端緒をなすものとされる。
Wikipediaより抜粋

今回は
《オーケストラポケット》より
お送り致します・・・

  • 作曲: Pietro Mascagni

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品