/
KT

ビゼー オペラ『カルメン』 第4幕への間奏曲「アラゴネーズ」

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 17回 再生

『カルメン』(Carmen)は、
ジョルジュ・ビゼーが作曲した
フランス語によるオペラである。

オペラ『カルメン』は、
プロスペル・メリメの小説『カルメン』を
元にしたもので、
アンリ・メイヤックと
リュドヴィク・アレヴィが
リブレットを作った。
音楽(歌)の間を台詞でつないでいく
オペラ・コミック様式で書かれている。
全4幕。

日本でも浅草オペラの演目として
上演されていたが、
戦後は藤原歌劇団によって
数多く上演され、
二期会でも川崎静子が大きな当たり役とし、
今日もなお日本国内でもっとも
ポピュラーなオペラとして親しまれている。
世界的にも一、二を争う人気のオペラであり、
特に親しみやすいメロディが
豊富なことが特徴である。
声楽抜きでオーケストラのみによる
組曲もコンサートや録音で頻繁に演奏され、
そうした点でもまれなオペラである。
Wikipediaより抜粋

  • 作曲: Georges Bizet

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品