/

LINE の返信(歌詞まろんさん)

オリジナル
  • ポップス
  • コラボ
  • 70回 再生

今年も残すところ2週間とちょっとになりました。
ウィルスとの戦いという大変な年になってしまい、今まさに正念場?を迎えている状況ですが、こんな時こそ、音楽のチカラが必要な時でもあると思います!

歌詞がなく、インストで作成していた曲に、まろんさんが詩を付けて下さいました。
クリスマスに君のところに戻るというハッピーな内容に対し、曲調がいささか悲しげな雰囲気を持っているので、少しでも明るさを持たせようとアレンジを変更したりしましたが、うまく行ったかな……?? アレ(笑)
まろんさんには素晴らしい詩をいただけて、曲に命が吹き込まれたと思っています!

どうぞ、お聴きになってみて下さい。
まろんさん、ありがとうございました(^▽^)/

************ まろんさんから ****************

きょうのすけさんの 繊細な美しいメロディを ずっと拝聴して来ていつか、きょうのすけさんに 曲先をさせて頂きたいなぁ…。と思っていたところ ご本人から 曲先の お話しを頂き、とても とても嬉しかったです( °˟° )←嬉し泣き^^;

あんまりにも、綺麗なメロディラインだったのでクリスマスの歌詞は いかがでしょうか?とお尋ねしたところ クリスマスで行きましょう と ありがたい ご承諾を頂きました。

主人公と きょうのすけさんの甘い お歌声が すごく被っている素敵な仕上がりに して頂けたと思います。

きょうのすけさん、この度は お世話になり 大変 ありがとうございましたm(_ _)m

********* 歌詞 ***********

「LINEの返信」
作詞  まろん/呼都玻(kotoha)  作・編曲  鮎狂之介

降る雪が フワリ肩に落ち
気付いたら そんな季節
忙しさ 日々に 追われて
すっかり 忘れてた

街は もう 所々がね
華やいだ 装いして

クリスマス 待ちわびてる
過ごしたい 大事な人を
描いては 皆、微笑む
あの日の 僕のように

喜んだ 君の 笑顔を
浮かべたら 嬉しくって
プレゼント どれに しようか
迷った 僕がいた

2人ただ 幸せだったね
この世界中でいちばん

クリスマス 夜を染める
煌めいた イルミネーション
頬、触り 傍、戻ると
約束したのに、けど…。

クリスマス 君の代わり
なんてそう 誰もなれない
今更の 僕のLINE
返信 『待ってたよ』と…。

  • 作詞: まろん/呼都玻(kotoha)
  • 作曲: 鮎狂之介
  • 編曲: 鮎狂之介
  • ボーカル: 鮎狂之介
  • ミキシング: 鮎狂之介

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品