/

クリスマス・イブ ~ INST ~

山下 達郎 カバー
  • Jポップ
  • 10回 再生

過去作から クリスマス・イブ をお届けします。

久々に、またまた、ググってみました。
そうです。「silent night」と「holy night」の間に何て叫んでいるのかを(笑)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1246714162
ちまたでは「Oh yeah」とか「Oh girl」と歌われることが多いようですが、ヤフー知恵袋に書き込んでいる方で、そのように聴こえる方はいないようです。
何度聴いても「Oh yeah」には聴こえませんよね?
「オーガール」だったとした場合、外人さんは語尾の「ル」はあまり聞こえない発音になるので「ガー」または「グァー」みたいな発音になると思うのですが、そんな風にも聞こえないので「Oh girl」でもないですよね。
そもそも、語尾の発音は「ん」ですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=pviM7tC_hvU
山下達郎 クリスマスイブ CD 全曲(Tatsuro Yamashita Christmas Eve 30th Anniversary Edition Full CD)が上がっていたので聴いてみたところ、ピアノ・ベース・ギターでの3人バージョンが聴き取り易かったですが、やはり「オーギャハン」と聴こえます。14分22秒あたりです^^
正確には、Oh Girl hun だと思いますが。
それ以前に、この動画規約違反だと思うのだが。。。
結局のところ、答えはありません。

さて、それはそれとして、十数年の歳月を掛けて制作した音源の公開です。
制作過程で色々な気付きがありました。
イントロのE・ギターは、スチール系ギター3本で妥協しました。これだ!という音にならなかったからです^^
タブラベル、エレピ、スチールギターを柱とし、コーラス、リバーブ、アタックなどを何度も何度も調整しました。
また、音色の選定も重要な要素でしたが、上位音源に搭載されている音色が良いとは限らないことに気付きました。
特に、スチールギターの音色は、55MAPの音色がベストでした。

コーラス全般は、リバーブと音量の調整に時間を要しています。
間奏のアカペラ部分にも、相当の時間を要しましたが、僅か6パートです。
本家のような分厚さもありませんし、実際とは違っている部分が多いと思いますが、それなりに満足しています。

明日から12月です。
コロナ渦で多くの皆さんが、憂鬱な日々を送っていることと思いますが、パッピーな出来事が訪れることをお祈りしています。

  • JASRAC: 028-5352-3
  • 原曲: クリスマス・イブ
  • アーティスト: 山下 達郎

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品