/

♪星の流れに ベニーモさん と なつみ&のり

菊池 章子/並木 路子 カバー
  • 演歌
  • コラボ
  • 54回 再生

今回なっちゃんと一緒に司会させていただくベニーモさんの歌は
「星の流れに」は 昭和22年の作品です。
この歌のある紹介文は
「一人の女が街角にたたずんでいる。寄りかかっている電柱には裸電球が光る。
濃い化粧のその下には涙の跡が・・派手なブラウスの下には耐えきれぬ悲しみが
宿っているようで・・」

終戦の年が昭和20年で、そのわすが2年後です。
終戦後の混乱期に、食べ物、着る物、住む家のない女性が生きるのには困難を極めた。
特に戦争で、未亡人や両親を失った身寄りのない女性の中には、他に選択肢はなかっただろう。

繁華街の街角やガード下に立って、米兵相手の「パンパン」(娼婦)に身をやつして、
生き抜く術を身に着けた人もいたのだろう。
その心情を歌にしたのが「星の流れに」だ。
この歌はその後もたくさんの歌手によってカバーされてきました。
ベニーモさんの歌も素晴らしい出来栄えです。

この歌とは対照的なのが昭和21年のヒット曲「リンゴの唄」ですね。
明日への希望を明るく歌った歌です。
ベニーモさんの前座としてなつみ&のりが歌わせていただきました。
終戦後に大ヒットした対照的な2曲
どうぞお聴きください。

なっちゃんより・・・
またまた、なつみ&のりは、ベニーモさんの司会をさせていただきました。

戦後生まれで昭和22年はよくわからないのですが、
NHKの朝ドラ「エール」で大体の様子が分かりました。

のりちゃんと歌った「リンゴの唄」は、何度か聴いたことがあったので、
楽しく歌わせていただきました。

本当にベニーモさんは歌が上手いですね!
今回もベニーモさんのセリフが入っていますよ。

ではお聴きください^^

  • JASRAC: 077-0147-1
  • 原曲: 星の流れに
  • アーティスト: 菊池 章子
  • JASRAC: 094-2043-6
  • 原曲: りんごの唄
  • アーティスト: 並木 路子

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品