/

プーランク:愛の小径 "Les chemins de l'amour"

Mischa Maisky カバー
  • クラシック
  • 14回 再生

フランスの劇作家、ジャン・アヌイの『レオカディア』の劇付随音楽としてプーランクが作曲したソプラノ独唱用の歌曲が元になっています。

劇とは別に単独で演奏されることが多く、歌曲だけではなく他の独奏楽器やピアノ独奏用にもアレンジされている愛らしいワルツです。
ジャックス・ラロックがファゴット独奏用に編曲したものを、チェロで打ち込んでみました。ただしコーダ部分は12小節に及ぶロングトーンとなっていますが、ソプラノであれば聴かせどころでしょうが、弦楽器では単調になってしまうので、ミッシャ・マイスキーの演奏を真似てピアノパートの高音部をなぞってみました。

  • JASRAC: 0C3-3387-6
  • 原曲: Les chemins de l'amour
  • アーティスト: Mischa Maisky

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品