/

神戸マイラブ(作詞:すぷりんぐbox、作曲:Te2)

オリジナル
  • ジャズ
  • コラボ
  • 53回 再生

すぷりんぐboxさんの「神戸マイラブ」に附曲させていただきました。すぷぼさんとは初めてのコラボです。

誰でも、青春時代を過ごし、思い出がぎっしり詰まった街があるのではないかと思います。私は、学生時代を神戸で過ごしました。
だから、最初にこの詩を読んだ時、これは私のことだと勝手に思い込んでしまうくらい、詩に共感しました。

そういったノスタルジックな思い出を醸し出す様に、オールドファッションなスィングジャズ風ビッグバンドアレンジにしてみました。
随分昔ですが、ビッグバンドでテナーサックスを吹いていたことがありました。その頃の聞き覚えのフレーズを、あちらこちらで使ったりしています。

この曲のボーカルは、実はすぷぼさんに歌ってもらいたいと思っていました。これまで、ペーソスあふれる味のある曲を歌ってこられたすぷぼさんに是非ともとお願いしたのですが、コンデションが整わず、あえなく断念。不肖、私がとりあえず歌うことになりました。

すぷぼさん、コンデションが整ったら絶対に歌って下さいね♪

随分昔のことですが、三宮に「バックステージ」というライブハウスがありました。ジャズも演奏していて、社会人になってからもしばらく立ち寄っていたのですが、阪神大震災で被害を受けて閉店になってしまいました。青春の1ページを綴ってくれた店が無くなってしまい、私は大変ショックを受けました。
この曲は、そんな今は無きバックステージで時空を超えてビッグバンドが演奏しているところを、すぷぼさんがカウンターでグラスを傾けながら聴いている…そんなイメージを描いて作りました。

すぷぼさん、久しぶりの神戸を満喫されていますでしょうか♪

COVID-19影響で、気軽に旅行が出来ない今日この頃、せめて音楽で行った気分に浸っていただければ嬉しいです。

====================

神戸マイラブ(作詞:すぷりんぐbox)

六甲おろしに 吹かれ歩けば 
ルミナリエの灯りが やけにまぶしい 
馴染みの店を 探したけれど 
知らないビルに 変わってた

時の流れが 変えるものは 
新しくなる景色だけだろうか?

神戸マイラブ  神戸マイラブ 
それでもこの街が やっぱり好きだ 
神戸マイラブ  神戸マイラブ 
船の汽笛がひとり泣いてる

北野異人館 風見鶏は今日も 
知らん顔して 風に吹かれてる 
アイツと歩いた センター街を
今日はひとりで歩いている

時の流れも 人の流れも 
みんなどこへ行ってしまうのだろうか?

神戸マイラブ  神戸マイラブ 
それでもこの街が やっぱり好きだ 
神戸マイラブ  神戸マイラブ 
船の汽笛が ひとり泣いてる

時の流れが 変えるものは 
新しくなる景色だけだろうか?

神戸マイラブ  神戸マイラブ 
それでもこの街が やっぱり好きだ 
神戸マイラブ  神戸マイラブ 
船の汽笛が    ひとり泣いてる

  • 作詞: すぷりんぐbox
  • 作曲: Te2
  • 編曲: Te2
  • ボーカル: とりあえずTe2(そのうちきっとすぷりんぐbox)
  • ミキシング: Te2

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品