/

ヴィラ=ロボス:花の組曲 作品97 第1曲 「夏の牧歌」

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 9回 再生

ヴィラ=ロボスのピアノ独奏のための組曲「花の組曲」から第1曲「夏の牧歌」です。

ブラジルの作曲家であるヴィラ=ロボスの作品は、ギター曲や様々な楽器の編成で書かれた9曲の「ブラジル風バッハ」などが有名ですが、独特の雰囲気を持つピアノ曲も多くあります。

6/8拍子でメロディラインそのものはそれほど複雑ではありませんが、時々1拍を2分割した4拍子系の複合リズムになったりしますし、終始音域の広いアルペジオの和声が伴って曲が推移します。調性はハ長調で書かれていますが、ほとんどの小節に臨時記号が現れるので、実際はイ長調かホ長調またはその並行調の響きがするようです。

あまり重厚な響きの音は似合わないような気がしたので、音源は SampleTank 3についているグランドピアノにしてみました。

  • 作曲: Heitor Villa-Lobos

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品