/
KT

J・B・チャンス 『朝鮮民謡の主題による変奏曲』

東京佼成ウィンドオーケストラ カバー
  • クラシック
  • 15回 再生

『朝鮮民謡の主題による変奏曲』
(英語:Variations on a Korean Folk Song )は、
アメリカ合衆国の作曲家ジョン・バーンズ・チャンスが
1965年に作曲した吹奏楽曲である。
名前の通り、朝鮮半島の民謡を主題とした変奏曲であり、
『アリラン』の旋律を使用している。
チャンスは、1950年代の朝鮮戦争に
アメリカ陸軍の一員として韓国を
訪れたときにこの旋律を耳にした。

チャンスはこの曲で1966年の
ABAオストウォルド賞を受賞した。

『アリラン』による変奏曲であり、
主題と5つの変奏からなる。
主題は16小節から成り、
4小節ずつ大きく4つの節に分かれる。
第2節と第4節は同一のメロディーである。
演奏時間は約7分。

スコアには「To Linda」と記され、
リンダ・ライリー夫人に捧げられています。

ジョン・バーンズ・チャンス
(英: John Barnes Chance、
  1932年11月20日 - 1972年8月16日)は、
アメリカ合衆国の作曲家。
『呪文と踊り』、『朝鮮民謡の主題による変奏曲』、
『ブルーレイク序曲』など、
新ロマン主義のスタイルによる吹奏楽曲で知られる。

テキサス大学オースティン校で
クリフトン・ウィリアムズに作曲を師事する。
オースティン交響楽団でティンパニ奏者として活動した後、
第4・第8アメリカ陸軍軍楽隊でアレンジャーに就いた。

1966年から、ケンタッキー大学にて教鞭をとる。

1972年8月16日、ケンタッキー州レキシントンの自宅で、
感電事故により急死した。39歳であった。
Wikipediaより

ブラス小僧だった頃
吹奏楽コンクール自由曲集なんかに
よく取り上げられていた曲で、
田舎の極小
(後に統合して大所帯になってしまうのだが・・・)
吹奏楽部では到底出来なかった曲の一つであった。

いざ形にしてみると?
チャンス氏の奥方に捧げられた力作だけあって、
これが結構、難しい(どんな曲もそうなんですが)
特に、バランスを取るのが難しかった。
 メリハリがあって、面白い曲なのでたまには
演奏して貰いたい曲でもある。

  • JASRAC: 0V0-1365-8
  • 原曲: VARIATIONS ON A KOREAN FOLK SONG
  • アーティスト: 東京佼成ウィンドオーケストラ

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品