/

Snow Queen(Roger Nicholes Version)

Roger Nichols & the Small Circle of Friends カバー
  • ポップス
  • コラボ
  • 41回 再生

へっぽこOさんが主役の曲ですが、又私の方から供給いたします。1968年発表のソフトロックの名盤、Roger Nichols & the Small Circle of Friendsから「Snow Queen」です。
しかしこの曲のオリジナルはRogerではなくCarole king。当時彼女が組んでいたCityというバンドが初出だそうです。作曲家でもあるロジャーが、わざわざキャロルの曲を取り上げた。よほど気に入っていたんでしょうね。

意訳■雪の女王

雪を被った山の頂上
彼女は玉座から道化師を見下ろす
そこの泉には素敵な男ががいるかもしれないから

リズムを刻んで高く飛翔する
彼女は男たちに微笑みかける
でも決して踊ろうとはしない

そしてロックサウンドとスモークが立ちこめる部屋で
伝説は作られていく……雪の女王の

君は恋の勝者だと思ってるかもしれないけど
彼女にかかったらすぐに屈辱を受ける
君はただの初心者なのさ

君は恋の敗者だとは思ってはいないだろう
しかし言葉を間違えてすぐに宙ぶらりん
彼女の楽しみのネタになるだけさ

朝もやの中、君は氷漬けにされる
冷たい視線にやられるのさ……雪の女王の

友よ、彼女は君の売り物なんか欲しくないんだ
友よ、身を隠すんだ

夜がふける頃には、
君はゲームに負けたことを思い知るだろう
それこそが冷たい、雪の女王の伝説なのだ

  • JASRAC: 0S1-2599-4
  • 原曲: SNOW QUEEN
  • アーティスト: Roger Nichols & the Small Circle of Friends

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品