/

フランス映画「太陽はひとりぼっち」アラン・ドロン主演

Collètto Tempia and his Orchestra カバー
  • スクリーンシネマ
  • 43回 再生

Collètto Tempia and his Orchestra
きわめてノスタルジックに創ってみました。1960年代の音です。
いやぁ、SaxのNoisyな音色はたまらんですね。^^
海外でも有名になった演奏なんですが、幻の不明の楽団、だそうです。
サントラ盤よりこちらの方が好きです。
モニカ・ヴィッティ今年、何か月か前に訃報をニュースで知りました。
アラン・ドロンも、脳梗塞とやら・・・
それもあって、今回、この曲をやってみます。
この頃のフランス映画は当然、「大人の映画」でしたので生では見ていませんが
日本人は、皆「おフランス」^^と言っていた頃です。
外国人女性に対して、特にフランス女性には崇拝ともいえる憧れをまだ、
日本人が抱いていた頃でした。

  • JASRAC: OH3-7951-3
  • 原曲: 太陽はひとりぼっち
  • アーティスト: Collètto Tempia and his Orchestra

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品