/

秋の蝉

  • 126ビュー

「秋の蝉」

夏はもう終わるのに 頭の中の蝉は鳴くのをやめない
何を訴えているのか 私に何をせよというのか
不快な羽音を響かせて 不協和音を今日も奏でる

夏はもう終わるのに 頭の中の蝉は叫ぶのをやめない
何をすれば黙るのか そんなに私はダメなのか
不快な羽音に問いかける 不協和音の音が変わる

ザーザー ザッザッ
まるで壊れたラジオのように

夢と現実の狭間から 自由を手にした蝉は
季節の移り変わりを知り 残された時間を知り
​大空へ飛び立った 遠くへ消え去った・・・はずだった​
 
秋がおとずれたのに 頭の中の蝉は鳴くのをやめない
もういないのに どこにもいないのに
不快な羽音を響かせて 「おまえも消えろ」とあざ笑う

ザーザー ザッザッ
まるで壊れたラジオのように

​ザーザー ザッザッ
まるで壊れた私のように

私にしては珍しくシリアスな作品となりました。
夢と現実、正気と狂気・・・その壁は、実はあってないものかも知れません。

楽しんでいただければうれしいです!

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品