/

ひぐらしが鳴く・ゆめまぼろし

オリジナル
  • フォーク
  • コラボ
  • 23回 再生

いよいよ8月ですね・・・熱い日が続きますが、お身体に気をつけて夏を乗り越えてくださいませ・・・朔日歌詞の投稿欄を見ていて、この歌詞見落としていましたので。。。歌おうと思ったのですが。。暑くて・・・・結局は昨夜遅くに・・・歌わさせていただきました・・・エアコン切てのボーカル録音・・・15分が限界でした・・・・ゆめじ黄ならではの歌詞の世界。。。。良かったら効いてくださいませ。

  • 作詞: ゆめじ黄
  • 作曲: まぼろし
  • 編曲: まぼろし
  • ボーカル: まぼろし
  • ミキシング: まぼろし

ひぐらしが鳴く

刻(とき)はかならず連れてゆく 恋であろうが、そうでなかろうが 夏の戯れ、日焼けあと 肌を突き抜け、...

刻(とき)はかならず連れてゆく
恋であろうが、そうでなかろうが
夏の戯れ、日焼けあと
肌を突き抜け、ずきずきと痛む

街のどこかで似たひとが居やしないかと
灼熱の目で探しては肩透かしを食う

よそゆき顔で気取ったり
しなきゃよかったと今頃思っても
これが恋だと今頃気が付く
ひぐらしが鳴く カナカナと今日も暮れてゆく

好みの背丈、なんとなく
熱い何かが胸をいっぱいにした
憧れの夏、私を超えた夏
心が震え、気持ちに応えた

ここが海なら容易なく探せるかしら?
夕立にまぎれ右往左往してもかまわない

キレイ目メイク、めいっぱいに
しなきゃよかったと今頃思っても
これが恋だと今頃気が付く
ひぐらしが鳴く カナカナと今日も暮れてゆく

刻(とき)はかならず連れてゆく
恋であろうが、そうでなかろうが
夏の戯れ、日焼けあと
肌を突き抜け、ずきずきと痛む
   ah ~ ah
ひぐらしが鳴く カナカナと今日も暮れてゆく

2019/7/23

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品