/

いのちのはからい / 因幡修次

オリジナル
  • ポップス
  • 90回 再生

「Shuji Session」 第9弾!

いのちのはからい・・・
因幡氏を御存知の方であれば、
この曲は皆さんお馴染みであろう。
もとは病魔と戦う女性に対して送られた曲である。
その後、この曲は数々の運命を切り開く事となる・・・
一人の青年の命を救い、
震災により心を打ち砕かれた方々に勇気を与え・・・
個人的にも「音楽の力」を再認識させられた曲である。

そんな感慨深い曲なだけに、
自分の音楽人生の作品として残しておきたいという思いもあった。
しかしながら「鍵無しっ子! (キーがない)」の身・・・
歌い上げるには敷居が高すぎる。
最初、インストで制作しようかとも思ったのだが、
いざサウンドにしてみると、
やはりこの歌には「詞」が絶対に必要なのである。
この詞に込められたバックボーンも全て理解している人に歌い上げて貰きたい・・・
そんな考えの中から導き出された答えが、
「因幡修次、本人に唄って貰えないだろうか?」と言う結論であった。
自分の中での彼は「魂の歌唄い」と言う存在であり、
彼の表現する歌の世界は独自のリズム、ノリがある。
当然、ドラムが入ってるようなリズムのしっかりとした空間では表現できない世界であろう。
失礼な事だとは分かってても、ダメ元でお願いしてみたところ、
なんと、引き受けて頂けた!
さぞかし歌いづらかったであろう・・・
そんな中で完成した「いのちのはからい」である。

今回、アレンジとギターという形ではあるものの、
この曲に参加させて頂いたことを非常に嬉しく思ってます。

この曲のバックボーンの全てを書くには無理もあるんで、
もしこの曲に興味を抱かれた方は、是非、下記リンクも参照して頂きたい。
音楽の素晴らしさ、音楽の力、音楽の偉大さも理解して頂けると思う。

妖怪の宴 / いのちのはからい

因幡修次ブログ / むさしより・・・

いのりBOX

Shuji Session

  • 作詞: 因幡修次
  • 作曲: 因幡修次
  • 編曲: Macky♫
  • ボーカル: 因幡修次
  • ミキシング: Macky♫

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品