/

ブクステフーデ:パッサカリア ニ短調 BuxWV161

パブリックドメイン
  • クラシック
  • 7回 再生

ブクステフーデのオルガン曲にはバッハのそれとはまた違った魅力がありますが、このニ短調のパッサカリアは2曲のシャコンヌ(BuxWV159,BuxWV160)と並びよく知られている曲で、ブラームスも大きな関心を示していたとのことです。
曲は4つの部分に分かれており、それぞれ基調がニ短調、へ長調、イ短調そして再びニ短調と変化しますが、記譜上では特に調性が明記されていません。

  • 作曲: Buxtehude

コメントを読むにはログインが必要です。

この作者の他の作品